• 2019/08/09
BLOG

歌が上手くなるボイトレ練習方法③魅力的な低い声の出し方のコツを紹介

高音が出ないという悩みと同じく、低音が出ないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

声はその人に特有のものなので、低い声が魅力的な人もいれば、低い音域が苦手な人もいます。

高音があまり出ない曲というのはありますが、低音はどんな曲にも1つは出てくるのです。苦手な人も低音を自然に出せるようになりたいですよね。

今回は低い音を自然に出す方法について解説します。

そもそも「低い音」って、どのぐらいの音域?

boitore

どのぐらいの音域を「低い」と感じるかは人それぞれです。

ここでは、人が聞いて「低い」と思う音域ではなく、発声のときに「低い音域」として扱うべき音域について解説していきます。

「声区」について

歌う声には、音域でざっくり分けて3つの「声区」があります。

頭声区(ヘッドヴォイス):高音域。頭声(頭に響かせる声)が中心になる。
中声区(ミドルヴォイス):中音域。頭声と胸声(胸に響かせる声)が混ざる。
胸声区(チェストヴォイス):低音域。胸声が中心になる。

声区の変わり目の音程を「換声点」(ヴォイスチェンジ)と呼びます。

歌が上手くなるボイトレ練習方法②喉を痛めない高い音域の発声方法を解説

歌の発声における「低い音域」

発声方法における「低い音域」とは、「胸声区」(チェストボイス)にあたる音域です。

具体的にどの音から胸声区になるかは人によって若干差がありますが、大体地声でも楽に出せる音域の「ミ」か「ファ」から下の音が「胸声区」にあたります。

つまり、「ミ」か「ファ」が「換声点」にあたるわけです。とりあえず音域が低めの人は「ミ」、高めの人は「ファ」だと思ってください。

低い音域でのボイストレーニング

それでは実際に、低い音域「胸声区」での発声方法を見ていきましょう。

息をゆっくり出す

低い音域を自然に歌うときは、高い音域よりも息の速さを「ゆっくり」、息の量を「多く」出します。

小学校と中学校の音楽の授業で使ったソプラノリコーダーを覚えていますか?低い音を勢い良く吹くと「ピーッ!!」とひっくり返った音になってしまったことがあるのではないでしょうか?

どうやってきれいな音を出したかというと、「低い音は息をそっと優しく流す」でしたね。

声も同じです。低い音域では息を「そっと優しく」流すのです。

そうすると自然に息の量が多くなります。そのため、低い音域では高い音域よりも息が長くもたないことになりますが、それで大丈夫です。

ここで誤解しないでほしいのは、「胸声区に入ったら急に息の速さを遅くするわけではない」ということです。

音が高い方から低い方へ変わるにつれ、だんだん少しずつ息の速さを遅く、息の量を多くするのです。反対に、音が低い方から高い方へ変わるにつれ、だんだん少しずつ息の速さを速く、息の量を少なくしていきます。

[練習]
中音域(楽に出せる音域)の「ソ」から始めて「ソーファーミーレードー」の音程で「アーアーアーアーアー」と一音ずつ下がってきてください。このとき、息の流し方をだんだんゆっくりにしてみましょう。

口を開けすぎない

低い音域では、高い音域ほどは大きく口を開けません。

口を開けすぎていると、声の持つ響きがまとまりません。

どの音域でどのぐらい口を開けると良いかは、人によって違います。

低いドから順番に、繋げて「アーアーアー」と「ア」で発声してみましょう。

口は小さめから始めてください。歯と歯の間に小指の先がちょこっと入るぐらいから始めてみると良いでしょう。

音程が上がるにつれて少しずつ口をあけていきます。どのぐらい開けていくと最も良い声になるか、自分で試してみてください。

胸声区では上の歯の裏側に息を当ててください。

完全な地声では、息は口からまっすぐ外に出ます。試しに息をまっすぐ外に出して発声してみてください。地声になったのではないでしょうか。

次に、息を流す方向を少し上に向けて、上の歯の裏側に当たるようにしてみましょう。少し「響く声」になりませんか?

うまくできない場合は、おそらく腹筋と背筋が使えていません。腹筋と背筋を使って息を上に押し上げるようなイメージで発声してみてください。

ボイストレーニングまとめ

低い音の発声は、「息の速さを遅く、量は多く」「口を開けすぎない」「息は上の歯の裏側にあてる」ことを意識しましょう。

低い音域をマスターすれば、歌える曲の幅も広がります。

「強く」「太く」「わざとつぶして」「しゃべるように」などの特殊な低い音域の発声も、基本になる「自然な」発声をマスターすればより効果的に行うことができるはずです。

発声の仕方を意識してさまざまな表現にチャレンジしてみましょう。


教室のYouTubeチャンネルでは、すぐに試せるボイトレ動画をアップしています!
記事と合わせてチェックしてみてください!

無料体験レッスンも受付中です!

無料体験レッスン

歌が上手くなるボイトレ練習方法①母音ごとの発声方法を解説

歌が上手くなるボイトレ練習方法②喉を痛めない高い音域の発声方法を解説

歌が上手くなるボイトレ練習方法③魅力的な低い声の出し方のコツを紹介

歌が上手くなるボイトレ練習方法④歌の呼吸法を解説

歌が上手くなるボイトレ練習方法⑤ブレスの方法を解説

歌が上手くなるボイトレ練習方法⑥歌うために必要な筋肉とトレーニング方法を解説

歌が上手くなるボイトレ練習方法⑦表現力の鍛え方を解説

ページトップへ