• 2019/08/07
BLOG

歌が上手くなるボイトレ練習方法①母音ごとの発声方法を解説

「歌が上手だったらなあ…」と思うことはありませんか?

歌が楽器と違うのは、歌詞があることです。歌詞をつけてよく響く声で歌うためには「母音」がきちんと発声できていることが基本になります。

母音の発声方法は一つ一つ異なっており、それぞれを正しく響かせることによって歌が格段に上手になるのです。​

ボイストレーニング基本の口の開け方

「口を開ける」=「上の歯と下の歯の間を開ける」です。

自分で思っているよりも口が開いていない状態で歌っている場合が多いので、鏡を見て確認してみましょう。唇だけ開いて、上の歯と下の歯の間が開いていない状態になっていませんか?

よく響くように歌うためには、しゃべるときよりも大きく口を開ける必要があります。特に高い音域では、喉を詰まらせないために口を大きく開けることが必要です。

[練習]
練習1 上の歯と下の歯の間に指1本入れた状態で「あー」と声を出す。
練習2 上の歯と下の歯の間に指2本を入れた状態で「あー」と声を出す。

母音ごとの声の出し方

日本語はあまり口を動かさずに発声することができるため、口を横に小さく開いた「い」の口まま話したり歌ったりする人が多い傾向にあります。

きれいに響くはっきりとした声で喉に負担をかけずに歌うためには、5つの母音をはっきりと発音し分けることが必要になります。

母音ごとの発声のしかた

母音は「い」「え」「あ」「お」「う」の順に口内をぐるっと一周するように響く場所が変わります。

それぞれの母音ごとに確認していきます。動画内の先生の発音を真似してみましょう。

「い」

日本語の「い」ではなく、西洋的な「i」を意識してみてください。口が平べったくならないように、両頬を上げましょう。上がった頬のライン上で響かせることを意識すると明るい発声になります。

「え」

「い」から少し奥の高い位置を響かせます。こちらも「え」ではなく、「e」を意識して、口の中を広く使いましょう。

「あ」

こちらも西洋的な「a」を意識してみてください。口は指2本分ほど開けましょう。

「お」

「o」の発音を意識するのは同じですが、母音の中で最も口の奥で響いていることを確認しましょう。唇の両端が緩まないように気をつけてください。

「う」

そしてぐるっと口内を回って最後は「う」です。これも平べったくならないように、口を縦に開けて「u」の発音を意識しましょう。

[練習]
「い → え → あ → お → う」と、「い」から始めて順に発音していきます。それぞれの母音を繋げて発音しましょう。口内を一周するように響く場所の変化を感じられたら正解です。

[練習]
自分の一番出しやすい母音を見つけて、発声練習を行います。動画を観ながら一緒にやってみましょう。

ボイストレーニングまとめ

母音の発声方法をマスターするだけで歌は格段に上手になります。

曲の練習をするときも、母音で歌う練習を行うだけで発声が変わって聴きやすい声になります。

母音を意識してよく響く生き生きとした声をマスターしましょう!


教室のYouTubeチャンネルでは、すぐに試せるボイトレ動画をアップしています!
記事と合わせてチェックしてみてください!

無料体験レッスンも受付中です!

無料体験レッスン

歌が上手くなるボイトレ練習方法①母音ごとの発声方法を解説

歌が上手くなるボイトレ練習方法②喉を傷めない高い音域の発声方法を解説

歌が上手くなるボイトレ練習方法③魅力的な低い声の出し方のコツを紹介

歌が上手くなるボイトレ練習方法④歌の呼吸法を解説

歌が上手くなるボイトレ練習方法⑤ブレスの方法を解説

歌が上手くなるボイトレ練習方法⑥歌うために必要な筋肉とトレーニング方法を解説

歌が上手くなるボイトレ練習方法⑦表現力の鍛え方を解説

ページトップへ